YouTubeが続かない理由と継続するコツ【YouTube歴3年が語る】

ナゼ子

YouTubeをはじめてみたんだけど、大変だし続かないなぁ〜。

このように悩んでいるかたにお届けする記事です!

筆者はこんな人

  • YouTube歴3年以上
  • チャンネル登録者2つで計9万人

私が今までどうやってモチベーションを維持してきたのか、
挫折の原因と対策、
継続するためのコツについてお話ししていきます!

目次

期待しすぎ(成功イメージ強すぎ)

現実とのギャップが大きすぎて、伸びない現実を受け入れられない
挫折の王道原因です。

1〜1000人までが1番ハード


最初の登録者1〜1000人までが一番苦しいということ
これを頭に入れておくと、かなり気持ちが楽になります。

あなたが視聴者だったら、
10人と1万人のチャンネル
どちらを登録しますか?
もちろん人数が多い方を選びますよね。

フォロワー多い=信頼=伸びやすい


登録者が少ない時は、
どんなに有益な情報発信していたとしても、
伸びにくいという事実。
グッと我慢です。


1000人を超えると、だんだん登録者も増えやすくなります。
1〜1000人の時のフォロワー増加の速度より
1000〜1万人の増え方は圧倒的に伸びが早いです。

目標高すぎ

低めの壁を少しずつこえていく

チャンネル登録者10万人を目指して頑張るぞ!

目標が高いことは素晴らしいことですし、
最終的に高い目標を達成したいものですが、

その前に挫折する可能性が高まります。

例えば、
100mを9秒台で走れ!

と言われたら、
「自分には無理だ」

と思いますよね。

しかし
「15秒で走れ!」

と言われたら、
できる気がしませんか?

いきなり高い壁を越えようとするのではなく、
小さい壁をちょっとずつ越えていけば
それが積み重なって、
いつのまにか高い壁を越えている

ということです。

焦らず、自分にプレッシャーを与えず、
ちょっとずつ前進しましょう٩( ‘ω’ )و

ちなみに私はそもそも目標がなく、
1人でも見てもらえたらいいかな〜
くらいの意気込みでした!

登録者は少なくても稼げる

YouTubeを始める目的はさまざまですが、
ほとんどの方が収益目的ではないでしょうか?

であれば、登録者はそんなに必要ないはずです。

なぜなら、濃いファンが少しでも集まれば、
商品が売れるからです。


YouTubeには、
広告収益以外に集客ツールとしても使えるから
つまりYouTubeを自分の商品を売るためのPRとして利用する方法です。

1万人のフォロワーより100人のスーパーファン
※ちょっと数字の記憶が曖昧^^;

こんな言葉がありましたよね。

そんなにフォロワー人数がいなくても、商品を確実に買ってくれるような濃いファンが100人いればいい
みたいな話です。

1万人フォロワーがいても100人しか買ってくれなかった
100人のフォロワー全員が買ってくれた

↑結果が同じ
数だけ増やせばいいということではないので、
確実なファンを増やせば、数字は焦らなくてもいいのでは?と思います。

ただ、YouTubeの広告収益だけで稼ぐなら、
やはりフォロワーや再生数はある程度必要ではあるかと思います(⌒-⌒; )

YouTubeは集客ツールとして自分の商品を売っていく方法もありますよ〜ってお話でした!

興味のないジャンルで攻めている

興味がないジャンルを選ぶのはNGです。理由はシンプルで、
「続かないから」

情報発信は継続しなければ成果が出ないため、続けられるジャンルにすることが大前提ということになります。

「興味ないジャンルだけど、儲かるから始めた」

↑そもそも興味ないから内容も薄くなります。
結果、成果がでなくて挫折に。

将来的に収益を目的にするのであれば、興味のある範囲から稼げるジャンルに絞る方法をオススメします。

継続のコツ

ルーティンを決める

  • 固定の位置から撮影(三脚を置きっぱなしに)
  • 同じ時間に撮影
  • テンプレートを決めておく
  • 定番ネタを用意する

固定の位置から撮影

日当たりのいい場所を見つけて、
そこを撮影の定位置として決めるのです。

「今日はここにしようかな..?」

と考えていると、脳みそ消費しますし、
「なんか違う!」といったモヤモヤも発生しやすい状況に。

同じ時間に撮影

私のおすすめは、できれば午前中です。
普段仕事をしている方で難しければ、寝る前などでもOKですが、

朝の太陽光が柔らかい光なので、可能なら午前中をオススメします。

テンプレートを決めておく

話の順番をPREP法でテンプレ化し、話を台本にまとめておきます。
すると、あとは内容をはめ込むだけ、簡単です。

【PREP法】
結論→理由→具体例→結論(再確認)

話の組み立てだけでなく、
編集方法も、固定で決めておくと
考える手間が省けてラクになります♪

定番ネタを用意

私がよく使うネタはだいたい決まっています

  • カバンの中身
  • 〇〇の方法3〜5選
  • 買ってよかったもの○選

これら定番ネタを常に用意しておくと、
テンプレと同じであとは内容をはめこむだけで済みます。

あと、ネタは思いついた時点でメモ帳に記録しておくと良いです♪
いいアイデアこそ、何気ない日々の中から思いつくものです☺️

私が3年続けられた理由

もともと趣味で始めたのがYouTubeでした。
だからこそ

伸びたらラッキー!

という軽い気持ちで始めました。
そもそも伸ばそうと思っていなかったわけです。

自分が誰かの役に立ち、
誰かが喜んでくれる発信ならそれでいいや

このような気持ちで続けていれば、
YouTubeやブログも辛くならないと思います。

自己成長のためでもありつつ、
同時に人に価値提供をすることを忘れず
情報発信できるよう心がけていきたいと思っています💓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

共働き→専業YouTuberママ|YouTubeのみで最高月収45万円|1つの動画で100万再生達成|チャンネル名Amy’s Life中の人|Voicyパーソナリティ https://voicy.jp/channel/1827|1児の母アラサー|ブログドリームに挑戦中

目次
閉じる